News / Blog新着情報・ブログ

コロナウイルス対策

2020.04.28

ハープ薬局グループでは、コロナウイルス感染拡大予防のために、全店のカウンターにビニールを設置、できる限りの店内の換気、店内の消毒を行っています。

スタッフ一同、懸命に様々な努力していますので、ご理解の程よろしくお願いします。

ゴールデンウィークの休みについて

2020.04.27

ゴールデンウィークの各店舗のお休みは以下のようになっています。ご確認ください。

・しゅり店
  4月29日休み、5月3日~7日休み
・とみしろ店
4月29日休み、5月3日~6日休み
・つかざん店
4月29日休み、5月3日~6日休み
・やふそ店
 4月29日休み、5月3日~6日休み
・いしみね店
4月29日休み、5月3日~6日休み
・おおのやま店
4月29日休み、5月3日~6日休み
・やえせ店
4月29日休み、5月3日~10日休み
・おもろまち駅前店
4月29日休み、5月3日~6日休み

インフルエンザの薬

2020.04.01

今回はインフルエンザの薬についてご紹介します。毎年流行しているので、ご存知の方も多いかと思います。

インフルエンザにかかると、ウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬が使われます。

通常、インフルエンザウイルスが増殖し過ぎる前に使うので、発熱後2日以内に使用します。抗インフルエンザ薬を使うことで、発熱期間を24時間ぐらい短縮する効果があります。
インフルエンザにかかった時には、抗インフルエンザ薬の種類や服用の有無にかかわらず、異常行動が報告されているので、注意が必要です。小児・未成年者がインフルエンザにかかった時は、少なくとも治療開始後2日間は小児・未成年者を1人にしないでください。
抗インフルエンザ薬は以下のものがありますので、参照ください。
 
タミフルドライシロップ、タミフルカプセル
タミフルには散剤とカプセルがあります。1日2回、5日間の服用で治療します。生後2週目の新生児から使用できます。
10代の子供でも使用できるようになりました。
タミフルドライシロップは苦味が強いので、子供に飲ませる場合は、イチゴヨーグルト、チョコアイス、ココア、オレンジジュース、スポーツドリンク、服薬補助ゼリーなどを使った方が良いです。
ジェネリック医薬品も発売されていますので、医療費を抑えることができます。
 
リレンザ
吸入剤なので吸うことが難しい人には使用できませんが、苦味を感じにくく使用できることが利点です。1日2回、5日間の吸入で治療します。成人も子供も同じ量を使用します。
ジェネリック医薬品は発売されていません。
 
イナビル吸入粉末剤
吸入剤なので吸うことが難しい人には使用できませんが、苦味を感じにくく使用できることが利点です。また、1度だけの吸入で治療できるのも利点です。吸入量は10歳以上で4吸入、10歳未満で2吸入します。
ジェネリック医薬品は発売されていません。
 
ゾフルーザ錠、ゾフルーザ顆粒
錠剤と顆粒が発売されていますので、苦味を感じることなく服用できる点が利点です。
また、1度だけの服用で治療できるのも利点です。年齢と体重により服用量が異なります。
ジェネリック医薬品は発売されていません。
 
ラピアクタ点滴静注液バック
注射薬なので、病院内で使用されます。吸入や服用できない場合や、重症度に応じて使用されます。
ジェネリック医薬品は発売されていません。
 
 
処方については、近隣の医院、クリニックで医師と相談ください。